講師ブログ

2018.10.31『禁止令』、発動(゚Д゚)ノ

夜のRISEのロビー、ヒーターが欲しいくらいに

冷えるようになってきました。

電気であったかい空気が出る機械とかもありますが、

やはりファンヒーターが一番あったまる(*^▽^*)

でも、それを出すにはまだ少し早い気がするし…

このくらいの中途半端に寒い時期が一番困りますね。

わだも中途半端用の服を持っていないから、

最近、半袖シャツに長袖のジャケットという変な格好。

いっそのこと、ガツンと寒くなって欲しいわ。

そうなったらなったで文句言うんだけど(^_^;)

 

今日の夕方は小学生の英語の授業。

小6クラスはMr.清水が担当。

途中、お邪魔したら「Toto」っていう

聞き慣れない単語が耳に入ってきました…ん?

不思議に思って聞いてたら、

英語のテキストに登場する犬さんの名前だって。

そりゃあ聞き慣れんはずだわΣ(゚Д゚)

日本ではトイレやお風呂の有名メーカーを

連想しちゃいそうですからね。

小5は今日もローマ字を演習…う~ん、なかなか苦戦中。

いや、大丈夫です!なんとかマスターしてもらうので!!

ローマ字くらいは読み&書きが出来なきゃね(^_-)-☆

 

授業後、玄関で小学生のみんなを見送ってたら、

小6のあずさちゃんがカバンに付けてるカエルが目に入って、

「あず、そのカエルは何?」って聞いたんです。

その瞬間、周りにいたレノンちゃんやアキちゃんが、

「えぇー!『バムケロ』、知らんの!?

そんなん知らんって、おっさんやん!」って( ̄▽ ̄)

は?ふざけんな!!ケロはカエルで、バムは…アレだよ。

なぁ?って、チラッとエリ先生の方を見ると、

「私は知ってますから!」

くっそ~!裏切りやがった(-_-メ)

あ~、なんか悔しいわぁ。

すると、彼女達がこんなことを…

「学校に本あるよ。『バムケロのなんとか』みたいなシリーズ」

「『バムケロの…大冒険』みたいな?」

なんとか話題についていこうと言ってみたのに、

返ってきた言葉は、

「ん?そんなの無い。ダサッ!」

…もう自分で新シリーズ作りたいわ。

『バムケロのジェネーレーションギャップ(T_T)』

 

   

 

夜、高校生の所へ行くと、

ゆきなちゃんがゆーじくんに話し掛けてるんです。

「また落ちたの?」

「うん。」

どうやら北高で行われてる英語の『ウィークリーテスト』で

不合格になったみたい。

おいおい、何やってるんだよ\(-o-)/

で、気になったので尋ねてみました。

「というか、受かったことあるのか?」

すると、考える彼。少し間が空いて返ってきた答えは、

「…ないかもしれない」

おーい!真面目に勉強してくれよー(゚д゚)!

 

夜は中2の数学・社会のテスト。

えっと…今日は数学の『中テスト』を行いましたが、

結果は全くの問題外です!!!

確かに難し目の内容ではあるけど、

今日の解答は明らかに勉強していないレベル。

居残りが「原則無し」だから安心したか??

1週間、何もしてなかったとしか思えない出来でした。

で、尋ねると、「LINEもゲームも停止中」って言う子は数人。

いやいや、もはやビックリした(゚Д゚)ノ

テストの1週間前でやることやらず、

「難しい」とか「時間が足りん」とか…

耳障りな言い訳を並べてくれましたねぇ。

そのくせ「期末、点数取らないかんわ」って。

ハハハ!そういうの一番嫌いだし、イラッとするわ。

何も犠牲にすることなしに結果を出そうって、

そりゃあ無理だよ!

それが出来る子も居るけど、そんなのは一部の天才だけ。

そうじゃない子は努力で天才を出し抜くしか勝ち目はないんだ!

いい加減に気付けよΣ(・ω・ノ)ノ!

と、かなりキツイことを言いました。

そして、本日から配布した『テスト対策プリント』…

「『明日から、LINEもゲームも断つ!』って

言う者のみ持ち帰ればいい。出来ないなら遠慮はいらん。

今すぐプリントを返却しろ。LINEとゲーム優先で、

どうせやらないんだろ?」って超意地悪を言いました。

ホントはLINEやゲームなんて、

我々が口出さなきゃいけないことじゃないし、

口を出すべきじゃないってことくらい分かってます。

それでも『禁止令』を出さなきゃいかんくらいに

LINEとゲームに依存してる彼ら。

こんな状況に至った理由について、

彼らには大いに、しかし、コンパクトに反省して頂き、

期末に向けて頑張ってもらいたいと期待してます!

今日、わだに「居残り再試…もういいわ。

その価値もない…帰って寝れば?」と言われたこと、

悔しいって思って、頑張って欲しいな♪

 

 

 

最後に…

そんなLINEやオンラインゲームの話を高校生としてたら、

高3のふみやくん・ほっちー・しーちゃんが、

「え?私らの頃、スマホ持っとる子なんてほぼ居なかったし…」

アハハ!高3にして、

既におじちゃん&おばちゃんみたいだな(*’▽’)

いやいや、そんなものなくて、

ホント幸せだったのかもよ?

         わだ