講師ブログ

2016.09.26努力の『質』。

昨夜、雨が降ったせいか、

今日はちょっとムシムシして蚊が多い!

わだも何ヶ所かやられちゃいました(>_<)

そんなことを自習に来た子達と話してたら、

「うわぁ~、脂っこそう…蚊がかわいそう…アハハ」って。

おいおい。今日はそんなこと言われても、何とも思わないぞ♪

だって、体重計ったら、1kgも減ってたもんね(#^^#)

昨日は珍しいお休みで、外を歩き回ったからかなぁ。

とにかく!この調子なら、クリスマスの頃には、

ロウソクのように細いわだが出来上がりそうです!!

 

えっと…ここからは、また説教ブログです。

いや、もはや今日の中1諸君には、

説教する気力も失せる…まさに失望しました\(-o-)/

もちろん、本人達にも「失望している」ってことは伝えました。

話にもならないし、そもそも、この程度のレベルで

「学校には、自分より出来ない子なんていっぱい居る」って

言い訳ばっかするみんなは異常で愚かだって!!

基本的には、RISEは『小さな結果を自信につなげる』ことを

教育の方針にしています。

そのためには、「努力をした」→「結果が出た!」という

過程を生徒のみんなに見せてあげて、

その努力と結果について褒めてあげるんです。

「結果」・「努力」を単品では褒めません。

1年生についても、他の学年と同様に褒めながらやってきましたが、

今日の『小テスト』を見る限りでは、

彼らにはこの方法は上手くいかないようです。

今日の数学の小テスト範囲、学校ではとっくに習った範囲だし、

先週、しつこいほど解説を行って、

みんな、「おぉー!分かった!!」って帰っていったはず。

そして、今日の授業前、ワイワイ騒いでてあの結果。

ホントに悲しくなっちゃいました。

あ。べつに怒鳴ったりはしませんよ。

でも、懇々と「がっかりした」ことは伝えました。

それから、我々にも責任はあると感じながら、

「結局、きちんとしなかった諸君は愚かだ」って。

最初は「落ちたー!」とか楽しそうだった彼らも、

ここまで我々が厳しい言い方をすることで、

いかにピンチなことなのかを感じ取ってはくれたようです。

 

さて、このブログを読んでる中1諸君。

今、「よし!次こそは頑張る!!」って

決意を新たにしていることと思いますが、

それは誠に結構なこと。

だが、しかし!!申し訳ないが、

君の努力は来週のテスト結果を見て判断するよ。

「勉強したから頑張ったね」って過程を褒めてる

時期はもう過ぎちゃった。

いつもわだは受験生なんかに言うんです。

『努力』なんて、所詮は日陰の部分で、

本来、人に見せたり、誇ったりするもんじゃない。

『結果』を出した時に、そのついでに日の目を見るもんだ。

だから、「勉強してきたよ!」・「頑張ったよ!」なんかに

わだは何の興味もない。

『努力』が惜しくも報われなかった時は、

それは「無駄な努力だった」ことを受け入れて、

もっとストイックにさらなる努力を重ねろよ!!!

とんでもなくキツイ言い方なのは分かってますが、

中学生・高校生なら、もうそれをちゃんと分かるレベルなんです!

中高生はそれが分からんほど、子どもでもバカでもない!!

だからこそ、期待してるんです。

「失望した」って言いましたが、

現段階ではまさに字のごとく「望みを失った」んです。

だけど、その望みはまだ手の届く位置にある。

もう一度、取り戻すべきです。

というか、取り戻させて欲しいですね。

 

そこで、小~高校生までの皆さんにアドバイス。

なかなか「結果」が出ない皆さん、

または「努力」だけで満足している皆さんへ。

今、みんなに必要なのは

 努力の『質』を変えること!

…と言われてもピンとこないよね?

要するに、ただ机に向かうことを努力だって思うなってこと。

「結果を出せる!」だけの努力をしろってこと。

努力の質を上げるべし!

結果が出ないのなら、そんなんは努力じゃねぇ!!…ってことさ。

世界の本塁打王・王貞治氏が言ってます。

 「努力は必ず報われる。

 もし報われない努力があるならば、

 それはまだ努力と呼べない。」

 

と、小言とは言えんくらいにいっぱい語ったなぁ…

まっ、毎年、こうやって苦しみながらも、

彼らや保護者様と本気でぶつかりながら、

生徒のみんなを育てていくのっておもしろいですよ。

我々もプレッシャー感じて苦しむこともあります。

というか、むしろいっつもそうです。

ストレスで激痩せ…までは残念ながらしないけど(*´Д`)

 

 

 

じゃ、最後は楽しい話題!

間もなくRISEの中が『Halloween』仕様に(#^.^#)

皆さん、お楽しみに~♪

       わだ