講師ブログ

2014.03.06寒の戻り・・・・

今日はいつもの台詞から始めたいと
思います。

 

「寒いですね~」
もう3月なのに、この寒さ・・・
近頃、暖かかっただけに余計に寒さが
身に染みます :-( 

 

天気予報でも、寒くなるとは言っていましたが
まさか雪が舞うとは :roll: 

 

ですが、寒さなんかに負けてはいられません
気合入れていきましょう :-) 

 

さて、今日は中学1年生の英語の授業
からです♪
先週に引き続いて助動詞のcanについて
学びました。

 

「先生、canって簡単やね!」と余裕を見せてくれ
ました!
そうなんですよね、canって実は文法の難易度
自体は高くないんですよね 😉 
文法問題を単発で解くだけなら、他の文法よりも
簡単だと思います。

 

ですが、ここはRISEであるということを
忘れてはいけません
来週の小テストだって、can以外の部分の単語を
難しくすることだって可能なんですからね :-( 

 

今、「ヒドイ」と思いましたか?
ですが、ここは心を鬼にしなければ
ならないのです。皆さんのことを思えば、こそ
なのです :-) 

 

考えてみてください。学校の先生だって
同じようなことを考えているはずです。
もし、何の小細工もせずに、普通にテストを
やったら、大勢の人が高得点を出してしまいます。
「出してしまう」という言い方も、どうかと
思いますが(笑)

 

学校では、成績をつけるために、
ちゃんと得点に差がつくようにテスト問題が
考えられています。
簡単すぎても難しすぎてもダメなんです。

 

従って、今度のテストは今までと同じように
普通に「手ごたえのある」出題になるでしょう。
ということは、それに備えるためにRISEの
小テストも簡単になりすぎないように作ります!

 

来週以降も、引っ掛け問題や難しい単語に
注意して、見事に合格してみせてくれ!!

 

続いては理科の授業です。
火山・地震・地層の分野を進めています。
今日は地震についての勉強でした。

 

ここで、ちょっとしたハプニングがwww

 

「地震の震度は10段階あって・・・」みたいな
話をしているときです。

 

ゆ~○い君が「え、ちょっと待って!なんで
10段階なの?進度0も1つに数えるんやろ?」と
困った様子です。

 

私はこう言いました。
「うん。0から数えるから、普段の感覚とは
違うからね。指を折ってみたら?」

 

すると彼は両手を見ながら数え始めました・・・
0、1、2、3、5弱、5強、6弱、6強、7・・・
9やん!」
一同
「4、数えてねぇやん!!」

 

どうやら、「5弱」に気を取られてしまった
ようですね。ドンマイ(^_^;)

 

来週以降は、地震の波の速さや、
初期微動継続時間を求める計算問題が中心に
なってきます。
しっかりと付いてきてね 😉 

 

しみず

 

DSCF0626-2 DSCF0635-1 DSCF0626-1