講師ブログ

2016.02.22覚悟!

インフルエンザが猛威を奮っていますね(><)
関ヶ原中でも学年閉鎖になったそうで、
明日以降の授業・・・困ったぞ(。-`ω-)
インフルエンザウイルスも我々と同じ生き物ですが、
人類の科学力をもって、なんとか撲滅して欲しいもんです!
年々、進化する奴らを見てると、
「人類があんなちっこいのに負けてどーする!?」って
気になっちゃいます 😡 

 

さて、本日は中3の数学・社会の授業。
RISEの中3授業は、今はひたすらアウトプット授業 :-) 
この期に及んで新たな知識を詰めてるようでは、
高校入試当日までに仕上がらない!
受験を体験した高校生や大学生のみんななら分かるだろうけど、
試験に必要なのは『知識』と『解答作成の力』の2つ!
だから、この時期のRISEの授業は徹底して
アウトプット授業を行います(*^^)v
いやぁ~、それにしても、なかなかいい雰囲気ですね!
「あー、めっちゃ緊張するsweat01」なんて言う声が聞かれたり、
休み時間には「数学の『証明』、時間切れした!
でも、他の部分を集中して取ったで80点以上はいける!!」とか。
かなり大きなミスをした子も、
「よし!切り替えよう!!」って(#^^#)
ここにきて、ようやく受験生っぽくなってきたな!!

 

そんな受験生の皆さんですが、
『志望者倍率』の発表を明後日に控えて、
「多かったら・・・ヤバいかなぁ」って弱気発言も聞かれました。
まぁ、ねぇ、そりゃあ不安になる気持ちは分かるけどさ、
何より大事なのは、どんな倍率になろうと、
「堂々と戦って、勝ちたい!!」という覚悟だよ!
もちろん、『覚悟』という言葉には、
「負けを受け入れる」という意味もあるけど、
勝負する前に負けを受け入れるなど話にならん\(-o-)/
よって、こんなネガティブな意味はRISEの辞書にはない 😉 
RISEで言う『覚悟』とは「危険・不利な状態を予想して
受け入れる、そして、それを打破しようとする心構え」だ!
じゃ、そんな覚悟を決めかねてる受験生諸君へ。
 
ドイツの哲学者・ショーペンハウアーの言葉を紹介。

 

  Fate shuffles the cards and we play.
  (運命がカードを配り、我々が勝負する)

 

カードって・・・賭け事に例えちゃってるので
少しだけ紹介するのは躊躇うんですが、
『覚悟』を表すいい言葉で、わだは好きです 😆 
「運命」というか、自分ではどうにもならない
要素は受け入れて、あとは己の力で道を切り拓く!!!
つまりは君達には「勝ち」を手繰り寄せる
チャンスと力が与えられてるってことだよ。
さぁ、『覚悟』を決めろ!チャンスを逃すな 💡 

 

DSCF0422 DSCF0413 DSCF0418

 

そういえば昨日の『受験対策講座(9時間講座)』、
相変わらずおかしな会話が展開されました。
先ずはSくん。
どういう流れだったか、「コアラ」の話題になったんです。
すると彼、「昔さぁ、コアラと・・・えぇっと・・・アレ!
何とかって奴は同じ先祖から別れたらしいよ。
弱い奴らがコアラになって、強い奴らが・・・アレに・・・」
すると横から他の子の助け舟が ➡ 
「『ウォンバット』のこと?」
Sくん、嬉しそうに
「そう!ソレ!!『ウォンバット』か『コンバット』か
知らんけど、その生き物!」って
・・・おいおい(^▽^;)
『コンバット』って・・・めっちゃ強そう;
そして、Iくん。
「僕、ベットの上の天井に『祝!合格』って紙貼っとる!
朝起きてテンションが上がる!」って :-) 
「え?受かってないのに『祝』!?」って
みんなからツッコまれてましたが(^_^;)
そして、ある子がIくんに質問。
「落ちたらどうするの?」
すると彼、「テープでちゃんと貼ってあるで大丈夫!」
聞いてて、噛み合ってない会話だとは思ってましたけど(^_^;)
やはり質問した子がツッコミました。
「いや、紙じゃなくて、お前が(試験に)落ちたらさ」
それに対するIくんの回答。
「燃やす」
・・・燃やさなくてよくなるように頑張ろうぜ(-_-)

 

明日からいよいよ『小テスト』再開!
さぁ、中1・2年生の諸君、
しっかり勉強してきて、気持ちよく合格しようぜ!!
           わだ