講師ブログ

2017.01.17あっさり覚悟を決める!

居座ってた寒気もようやくどっかにいったようで、

今日はほんの少しだけ暖かく感じましたね(#^^#)

とはいえ、夜は残ってる雪で冷凍庫みたいに冷える…

外から戻ってきて「さ~ぶ~い~」って言ってたら、

中3生から「デブは寒さを感じ易いらしい」と棘のある、

というか、棘だらけのお言葉を頂戴しました(T_T)

おい!『デブ』って、ストレートに言い過ぎじゃー!!!

すると「ふくよかな人は…」って言い直してくれましたが、

お、おう。『ふくよか』って、

なんかしっとりした響きが素敵だから許す(-ω-)/

 

今日の夜は中2の数学・社会の授業。

本日も数学の『小テスト』は「証明問題」を出題しましたが、

みんな、なかなかよく勉強してるよ。感心感心♪

「錯角等しいので」と「錯角等しいので」の

たった一文字の違いで不合格になった皆さんがたくさん(*´Д`)

う~ん。見逃してあげたいんだけど、

「証明問題」ではこの一文字の違いで

大きく意味が変わっちゃうからなぁ。

でも、とにかく最近は2年生諸君の「成長」を感じます。

まだまだ全員にその波が広がってる訳じゃないので、

安心は出来ないんですが、すっごくいい空気が出来てきました。

今週末からカルガリー派遣組が抜けちゃうので、

ちょっと残念ですが…年度末までには『受験生』っぽい

雰囲気のクラスを作り上げたいなぁ(*^^)v

さて、そんな中2のみんなの社会の『小テスト』、

《復活CHANCE!!》として、おまけ問題を入れておいたんです。

 ①「1853年、ペリーは何隻の軍艦を率いて来航したか。

  漢数字で答えよ」

 ②「ペリー来航の地『浦賀』は何県か」

当然、①の解答は「四(隻)」、②の解答は「神奈川県」なんですが…

①について、

Nちゃんは「五隻」←増えた(゚∀゚)!

Yくんは「三隻」←一隻は?迷子か??

なんて、ツッコみながら返却してたら、

Aちゃんの解答は…「百隻」!?←もはや戦争だね(・・;)

そして、②についてTくんの答え。

「千葉県」

……

ん?「浦安」と間違えてねぇーか??

そりゃあ『夢の国』がある所だぜΣ(゚Д゚)

 

  

 

今日の夜も自習室は中3生でいっぱい!

ところが、空気はどんより( ̄▽ ̄)

「病んでる」感じの子が何人も…

聞けば、「今回の学年末テストがいつもみたいに

上手くいかなかった」って。

そんで、「北高、やめた方がイイかなぁ??」

「東高、もうダメかも…」

…なんだよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

そんなことは、テストの前から言ってたじゃないか!

中3の学年末テストはそれまでの定期テストに比べると、

対策もし難いし、手応えを感じにくいって。

そんなたかだか一回のテストの結果にビビるな!!

「それで内申が下がったらどうしよう?」って??

うんうん。確かに今までも評定は大切だって言ってきたもんね。

でもな、この期に及んで、卒業式の前日にしか分からん

内申にビビって動きを止めるなど愚か!

今日、来てた中3生にはかなり厳しい言い方をしました。

正直、どういう反応するのか少し心配しましたが、

いやいや、さすがはRISEで鍛えられてきた猛者達だ。

ある子は「面談して欲しい!」と志願。

他の子は「よし!もう決めた!!前進する!!!」って

言って帰っていきました。

そんな彼らに偉人の名言。

アメリカの実業家であったデール・カーネギーのものです。

 

 悩み事は次の三段階の解決策によって

 克服することだ。

  1.まず最悪の事態を考えてみる。

  2.どうしても避けられないとわかったら、

   あっさり覚悟を決める。

  3.次いで、気を落ち着けて、

   事態の改善に取りかかる。

 

この中で一番難しくて大切なのは「2番」です。

よくRISEで生徒のみんなに言いますよね。

「避けられんなら逃げることは諦めろ。戦え!」

受験は向こうからやってくる嵐。

とにかく厄介で嫌な奴なんだ。

で、そんな嵐に対して「逃げられたらいいのに…」って

ウジウジ悩むか?

以前のブログに書いたことあるでしょ?

大切なのは『腹を括ること』、そして、

向かい来る困難に対して『迎撃態勢』を整えること!!

さぁ、中3諸君、分かったかな??

ウジウジしてる間に敵は迫りくるぞ…

  迎撃せよ!

       わだ