講師ブログ

2014.03.20次の戦いへと・・・

昨日の合格発表は、本当の意味で1年が
終了した日でした :-) 
見事に合格した皆さん、
おめでとうございます 😀 
本当にお疲れ様でした。
ですが、高校合格はゴールであると同時に
新しいスタートでもあるのです。
受験勉強の疲れを癒したら、春休みの
課題に力を入れてください。

 

高校での戦いは、もう始まっているのです!
ここまで、頑張ってきた皆さんなら、きっと
大丈夫!!
健闘を祈ります 😉 

 

さて、一方で、また一歩受験へと近づいた
皆さんがいます 💡 
まだ、2年先・・・・!?
いいえ、あと2年です!!
今日はそんな、中学1年生の授業です。

 

今日は、授業内容を一部変更し、
小テストの後に全員に話をしました。
内容は、昨日の受験結果と今日の小テストに
ついてです。

 

昨日の合格発表で、見事に合格を勝ち取った子は、
どんなことを頑張ったのか・・・
2年後に受験を迎える皆さんは、「今」何を
しなければならないのか・・・
色々とお話しました。

 

そして、もう何度も何度も言っていることですが、
1年生からの内申点の重要性を、改めて
確認しました。

 

内申点と当日点の割合を考えた場合、
自分がどのくらい得点しなければならないのか・・・
また、内申点がどのように受験に影響し、
場合によっては足を引っ張る結果となるのか・・・

 

今一度、しっかりと確認してもらいたかったからです。
そして、そのために行動してほしいと思います。

 

残念ながら、今日の小テストの結果を見る限り、
皆さんは、受験生として試験を受ける資格すら
ありません 😡 

 

たかが、70個の英単語を覚えてこられなくて、
どうして入試問題を解くことができるでしょうか?
高校入試の英語を解くために必要な英単語の
数は、一体、いくつなのか知っていますか?

 

もちろん、単純に論ずることができる問題では
ないのですが、それ以上に私は、皆さんの
勉強に対する姿勢が心配です 😥 

 

次回までに覚えてくるように指示された
内容が覚えられない、というのは単純な
記憶力の問題だとは思いません。

 

事実、合格して帰る子もいます。
あと、数点足りなかっただけで、再試で合格した子も
います。

 

やればできるはず 😉 
だって、やってできた子がいるんですから 😀 

 

やれるのに、やらなかったのですか?
それとも、やらなければならないことすら、
忘れていたのですか?

 

いずれにせよ、これは個人の意識の低さが
問題だと思います。
もちろん私たちは、塾としてお子様の学習に対する
責任を負っています。

 

だからこそ、必要な内容を覚えてもらうために
テストを実施しているのです。
学校の課題や、部活動などで大変なのは
分かるつもりです。

 

ですが、工夫して時間を作って勉強してきている
子がいる以上、それは言い訳にもなりません。

 

これは塾に限ったことではなと思います。
学校での授業態度や、提出物に対する取り組み姿勢にも
同じようなことが言えると思います。

 

恐らく、塾のテストでしっかりと結果を残す子は
学校でも満足のいく結果を残しているはずです。
その一方で・・・・・

 

今日の話にもあったと思いますが、2年後の
高校入試では、内申と学力試験との両方で
合否が決定されます。

 

中学での学習内容の1/3を終えたのと同時に、
内申点の1/3が決まったことになります。

 

まだ、半分以上残っていますから、いくらでも
取り戻すことはできます!
ですが、逆に考えると、まだ半分以上を残している
今しか、チャンスはありません 😐 

 

今日の話の内容と、日々の勉強とを
しっかりと結び付けてほしいと思います。

 

さぁ、次の月曜日は通常授業の最終日だ♪
最後ぐらい、スパッと小テストに合格して
帰ろうゼ!

 

しみず

 

DSCF0155-1 DSCF0143-1 DSCF0152-1