講師ブログ

2014.01.19中学校で行われる、最後の戦いへ・・・

今日は風が強く、寒さがより一層
身に染みました :-( 
昨日の夜のうちに、雪が降った所も
あるようですね 😐 
少し、雪を乗せて送り迎えしてくださる
車がある中・・・・
なんと屋根一面が雪に覆われている車が!!
ちょっとした場所の違いでも、変わるんですねぇ~

 

さて、今日は日曜♪
昨日に引き続いてRISEではテスト対策の授業を
行いました。

 

今日は英語・理科の過去問演習を中心に
行いました。関ヶ原中学の皆さんは、
テストが明日・明後日ですので、最後の
総仕上げにピッタリでしたね 😀 

 

出来具合は・・・う~ん・・・・・・
ここへ来て、これまでの積み重ねの差が
大きくなってきたように感じます。

 

学年末のテストですから、数か月前の
内容も普通に出題されたりします。
その問題、解けるor解けないもそうなのですが、
解けたとしても、すぐに解ける人と、
う~ん・・・・と思い出しながらなんとか
解いている人・・・・というように分かれて
いるのです。
この考える(思い出す)時間の差は、
入試本番で驚くべき差となってきます。

 

来週からの入試対策講座でも、その辺りの
指導を行う予定ですので、皆さん、お楽しみに 😉 

 

また、昨日のブログにもありましたが、
学年末テストは範囲も広く大変・・・・
と同じことから話は始まります。

 

言うまでもないことですが、じゃあ、
入試はどうなの?ということを考えれば
自然と答えは出るはずです。

 

中学1、2年生の頃からの学習の積み重ね
であったり、日々の学習姿勢が、そのまま
結果に現れることでしょう。

 

これまで、テスト範囲表が出てから・・・・
あるいは、テスト1週間前や
部活動停止期間のみの直前の追い込みだけで
乗り切ってきた人は、ここへ来て困っている
かもしれませんね 😥 

 

しかし、ここであれこれ言っていても何にも
意味はありません。少しでも時間があれば、
勉強したほうが賢明です。
ほんの少しでも、積み重ねれば結果は
変わってくるものです!

 

中学3年生の皆さんが、中学校を舞台に
行うテストは、これが最後となります。

 

あと残されたテストは、高校を試験会場とする
入試本番だけとなります。
全力で臨みましょう三3

 

DSCF3213-1 DSCF3204-1 DSCF3210-1

 

しみず